【初心者】NTTのWinActor「RPA入門講座」を試してみた!文系でも取っつきやすい印象

2020/10/05

RPA入門 WinActor

t f B! P L

勉強2日目。
今日は、紹介されたNTTの無料イーラーニングを覗いてみようかな。

チュートリアルっぽいって言ってたので、知識ゼロには効果的かもしれないし。
あ、これ、NTTのアフィリエイトじゃないからね(笑)

無料講座 RPA入門講座


昨日もリンクを貼ったけれど、見ているのはココ。



NTTグループの開発したRPAツール【WinActor】の入門編のようです。
他のRPAツールが外国製なのに対し、こちらは純国産。
だから、日本語対応バッチリってことらしいです。


サイト情報によると、全5章(11チャプター)の視聴型学習コンテンツ

学習時間50分
学習レベルはRPA・WinActor初心者
受講料無料


無料ならよかろう!
いざ。


・・・って、新規会員登録が必要なのね。

少し気分が萎えたけれど、項目は少なくて「名前(フリガナ)」「メールアドレス」だけでOK。
うん、これくらいなら我慢しよう。


完了画面で「トップページ」と「講座確認ページ」のボタンが出たら、「講座確認ページ」を押します。

トップページを押すと、ショッピングサイトのトップに飛んじゃうから(笑)。


これで、準備完了。
この先の画面は、イーラーニングの内容画面になるから、写真はとらないほうがよさそうかな。


ずらっと項目名が並んでいて、最初からしっかり聞くもよし。

好きなところから何度も見るもよし。
という作りになっているようです。

最後には、テストあり。
80%以上が合格とのこと。
ちなみにわたしは、今日80%にまったく届かなかったけれど、表示が「1回目」とあったから、きっと何回か受けられるんだと思います。

80%にならなくても、「修了証」というのは表示されました。

講座は音声が出るので、人のいるところで始める場合は、イヤホンを差し込んだことを確認してからスタートしたほうがよさそうです。


内容


きっとチンプンカンプンなんだろうな、と思っていたんですが。

予想に反して、1回目流して聞いただけにしては、とても分かりやすく、ちょっとワクワクしました。
最初に想定していたハードルが、めっちゃ高かった、というのもあるんだろうけど。

どうしてワクワクしたかっていうと。

RPAって、どうやらゴリゴリの理系分野の話ではなさそう。
そう感じたから。

自動化する方法は、プログラミングのようにカタカタ打ち込むのじゃなくて、シナリオ化したフローチャートを組み立てていく感じ。
これやって、あれやって、こうして、完成。
そんな流れが、視覚として入ってくるから理解しやすい。
しかも、日本語表記だし。


結果的に、まずこのチュートリアル、見てよかったと思えました。
もし、RPAって何?と、頭がまっしろけになっている方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ一度覗いてみることをおすすめします。

自己紹介

自分の写真
はじめまして。
Blogger初心者のkarafuruです。

ユーザーのみなさんの情報に助けられながら、ゆっくりと自分らしいブログを作っていこうと思っています。

保育園に通う男の子と女の子を育てる、のんびりしたワーママです。

根っからの文系なのに、10年以上IT業界で働いていて、元ナレーターというちょっと異色の経歴を持っています。

楽しみながらブログを続けていきたいと思っているので、どうぞ、よろしくお願いします。

▶Bloggerカスタマイズブログ
「Blogger女子」

▶RPA学習
「文系女子の世界一ゆるいRPA学習日誌」

QooQ